今年もよろしくお願いします

遅くなってしまいましたが・・

新年明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します



大晦日に

夕方には名古屋へ戻って
自宅でのんびりと新年を迎える予定です


なんて投稿してましたが・・

帰宅途中の高速道路上で
6台が絡む多重事故の1台となってしまい
2017年は後味の悪い締めくくりとなってしまいました

ハザードを点滅させながら
事故現場を30km以下の速度で通過した直後に
後方から70km以上で走ってきた乗用車が
事故車に気づくのが遅れて
避けきれずうちの車の右後方に突っ込んできたので
こちらには非はないと思うのですが・・・


幸い家族にはケガもなく
車もなんとか自走できる状態だったため
警察の事故処理が終わるのを待って
無事?帰宅はでき
紅白を観ながら家族で年越しそばを食べることはできました



そんなわけで元旦は近所の氏神様へ初詣に行き
まずは今年一年の安全祈願をしてまいりました




初滑り

我が家の年末年始の恒例行事
黒姫高原のペンション『ぶるーすはーぷ』に来てます

ただ今年も残念ながら年越しではなく
今日の夜には帰宅しますけど・・・


昨夜は息子と
帰省してきていたオーナーご子息と一緒に
0時頃まで飲んでました

ここで初めてお世話になったのが
18年前?19年だったかな・・・
その頃はこんな日が来るなんて思いもしませんでした

運転も息子がしてくれるので楽になったしね



今年の初滑りはAKAKAN(赤倉観光)で

雪がちらつきガスがかかって視界が悪かったりしたけど
雪はたっぷりゲレンデコンディションは最高
ゴンドラは少しだけ列ができる程度で
リフト待ちはまったく無し
4時過ぎまでガッツリ滑りまくった一日でした
画像



2日目はペンションに近い黒姫高原スノーパークで
昼過ぎまで滑り
夕方には名古屋へ戻って
自宅でのんびりと新年を迎える予定です


エントリー完了

本日正午に
バラモンキングのエントリーが始まったので
昼休みの間にエントリーをしときました
画像


佐渡のような抽選とは違い先着順選考方式なので
初日にエントリーをして参加資格に問題がなければ
間違いなく参加はできると思うけど
とりあえずは12月13日の結果発表待ちです(


五島は宿泊施設が少ないから宿難民にならないように
早目に宿泊先を押さえておかないとね




画像
五島長崎国際トライアスロン大会
通称「バラモンキング」ですが
来年度から呼称が変わるようですね

いままでは五島長崎国際トライアスロン大会で
種目がAタイプ、Bタイプとなっていましたが
来シーズンは正式名称が
『2018五島長崎国際トライアスロン大会(バラモンキング)
 第1回日本ウルトラロングディスタンストライアスロン選手権(2018/五島長崎)』となって
種目が日本選手権(Aタイプ)と五島長崎(Bタイプ)になります

と言っても距離の変更はないようですが


でも日本選手権って響きはイイですね~



修理不能

先週の王滝で破損した
フロント側のシフターを直そうかと思い分解してみたけど
ワイヤーを受けるパーツが割れていて修理は不可能かな
画像
画像


かなり古いモデルなので
同じものを購入するのは困難だし・・


とりあえずヤフオクとかで
中古で同じモデルのシフターを探すか



冬の王滝

9月に開催のSDA王滝が台風の接近で中止となり
代替レースが11月19日に開催されることになったのですが
今シーズン一番の寒気の影響で
コースを大幅に変更しての開催となりました


100kmは松原スポーツ公園をスタートして
鈴ヶ沢周辺の約18kmを5周回するコース
画像
周回コースなんてSDA王滝じゃない
って思ったんですが・・・

結果は過去にない過酷な王滝でした



スタート直前の松原スポーツ公園の気温は-4℃
画像


この時期の日の出は6時半ごろ
暗い中でのスタートのためライトは必携です
画像





鈴ヶ沢ゲートを超えてすぐに
エイドと周回チェックのための計測ポイントがあります
画像




上り始めてしばらくすると
林道脇の草木の上には薄っすらと雪が・・・
画像



さらに上るにつれ雪はどんどん増えてきて
標高の一番高い付近は真っ白
画像
画像

完全に雪中ライドです



1周目を終えたのが8時ちょっと過ぎ・・

スタートから鈴ヶ沢までの約5km
プラス周回18kmが約2時間だったので
厳しいけど残り4周回を2時間/周で走れれば
制限時間の10時間でギリギリ完走できるって考えてました

この時点では関門時間のことなど
まったく頭にはありませんでした



2周目に入ってすぐフロントディレーラーが
泥と雪で凍りついてしまい操作不能に・・・

さらに無理やり変速しようと操作したため
シフターを破損してしまいました


2周目の途中にあるエイドでコップにお湯をもらい
凍りついたFDにかけて溶かし
上りのことを優先に考え
ワイヤーを緩めてインナーで固定をしました


ディレーラーの不調を直そうと手こずったこともあり
2周目も2時間ちょっとかかってしまい
鈴ヶ沢のエイドに付いたのは10:15ごろ・・・

トイレ休憩をして
エイドでもらったお湯で
凍ってしまったハイドレーションの飲み口を溶かしながら
周りの選手と話をしていて
初めて4周回目に入るときに11:00の関門があることを知りました


時計を確認すると10:30・・
ってことは残り30分で3周目を回ってこないと4周目には進めません

絶対にムリムリ

潔く係員にリタイアを申し出て
多分二度とないであろう冬の王滝は終了です

画像



完走者はわずか45人
約300人がDNFの王滝史上に残る過酷な大会だったけど
コレもありかも・・ って思える楽しい冬の王滝でした



王滝のコース

画像
変更になった100kmのコースは
2015年の王滝村復興イベントで使われたコースってことなので
多分このコースを5周回だと思う


1500m越えまで上ることにはなるので
防寒対策だけはしっかりとしないとね


18km×5周回は
ワンウェイより精神的に辛いかも



コース変更

明日のSDA王滝だけど
コースを大幅に変更して開催されることになりました
画像

100kmと120kmは鈴ヶ沢周辺の約18kmを5周回って・・

ワンウェイの100kmがSDA王滝の魅力なんだけどな~


こっちとしては標高1500mで-5℃以下多少の積雪は
はじめから覚悟してたのに・・・

参加するの止めようかな




まぁ、選手の安全やボランティアの負担を考えたら
狭い範囲での周回は妥当な判断
仕方のないことだとは思うけど・・

セルフディスカバリーとは言っても
何かあれば主催者側に
安全の確認、確保の責任が問われると思うからね


でも・・ ちょっとPSにはめられた感じも