TTバイクの効果は・・・

今シーズンからTTバイクを投入したけど
その効果は・・・
画像



6月の五島Aタイプ、9月の佐渡Aタイプ
を走って感じたことは
レース終了後の疲労がいままでより少ないかも

ロングに慣れてきたってこともあるのかもしれないけど・・・



で、気になるバイクでのタイムを(トランジット含む)
いままでの佐渡のデータで比較してみると


2013年  6:37:42  231位  ロード

2014年  7:00:00  198位  ロード

2016年  7:27:49  379位  ロード

2017年  7:09:37  314位  TT


2013年は悪天候でスイムが中止となり
バイクからのスタートとなったため
タイムは全体に良くなっているし
2016年は33℃を超える猛暑だったため
完走率は62%でタイムは当然悪くなっているので
タイムよりは順位で比較した方が方が良いのかな


まずは直近の昨年と比較してみると
タイムで約18分、順位で65人 UPしてます
昨年314位だった選手のタイムが7:20:44だったので
同じ順位で比較しても約11分早くなっているから
まぁ効果はあったとみて良いでしょう


でもほぼ同じ条件だった(と思う・・)2014年と比較すると
順位は大幅に落ちているので
期待していたほどの効果はなかったのか
それとも加齢による衰えが大きいのか・・・

このあたりは来年以降も比較してみないと
何ともいえないかな





ロードと比較して確実に言えるのは
平地での巡航はすごく楽になったけど
逆に機動性は劣るので
ロードと同じ感覚で下りコーナーに突っ込むと
怖い思いをすることも


トータルでみればTTに分はあると思うけど
五島にしろ佐渡にしろ
それなりにアップダウンやコーナーもあり
ロードの方がキビキビと走れて
楽しいところも多いので
タイムの差はそんなに出ないのかもね




"TTバイクの効果は・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント